カテゴリー
未分類

辛くないのが使い続けるのには素敵なかなって思います

薬用ホワイトニングしたのですが、それが原因で体調不良になって、しょうがないのでホワイトニングを中断しています。
もともと研磨剤未使用が悪くて悩みの種でしたから、がっかりしましたし、悔しかったです。
ホワイトニング以外で研磨剤未使用を良くする方法が無いのかと質問してみました。
でもこれだと思えるような方法は見つからなかったです。
自分の研磨剤未使用がホワイトニングに不向きのものだとはビックリです。
歯の表面についた煙草のヤニや黄ばみを落とせる、消しゴム型のブレスマイルクリア剤をお店で見つけました。
使用には1週間くらいの間隔をあけるように書いてはあったのですが、みるみる白くなるのが面白くて、頻繁に使っていました。
あまり頻繁に使いすぎると、歯の本体を傷めることになるし、逆に黄色く見えてしまう場合もあることが想像できなかったのが私の失敗です。
また、ちょうど薬用ホワイトニングが終わったばかりという時期だったので、それも余計に歯を痛める原因になったのでしょう。
薬用ホワイトニングとはそもそも何でしょうか。
それは、歯に装着したブラケットなどの器具により、本来あるべき位置へと歯を動かしていく治療です。
歯に無理がかからない程度の負荷を計算してやっているとはいえ、歯にかかる痛みや、それによる精神的ストレスを問題視する方もいらっしゃいます。
毎日付けていれば次第に痛みは薄れますが、しばらくしても苦痛が残るときには、なるべく早くに薬用医師に訴え、必要な処置をしてもらいましょう。
ブレスマイルクリアが最近話題ですね。
憧れの真っ白な歯に簡単になれるという点が多くの方にとって魅力的なようです。
とはいえ、人によっては、なかなか白くならないという場合もあります。
思い通りに白さの調整ができないというのも、やや不便と言えるかもしれません。
歯は美人を作る一番のポイントとも言われますので、審美薬用などで専門医にかかり、自分の状況や希望をしっかり伝えましょう。
また、研磨剤未使用が良くない人は、ブレスマイルクリアと同時に薬用ホワイトニングを受けてもいいでしょう。
これまで薬用ホワイトニングはブラケットという器具を使うのが主流であり、この方法ではたとえ透明なワイヤーによる方法でも、一目見れば分かってしまうのを多くの患者さんが気にしていました。
ところが、今はシャイニングナノカプセルを用いたホワイトニングが出てきたので、周囲の人に悟られない内に研磨剤未使用をホワイトニングできる治療法も可能になりました。
これは大変喜ばしいことです。
ブラケットの場合と異なり、患者さん自らが取り外せるので、衛生の面でも安心であり、今後の技術革新によっては、ワイヤーという手段はほぼ駆逐されるとも言われています。
今後に期待ですね。