カテゴリー
未分類

英会話を学びながらフィットネス?マイジムしってますか?

大学生未満、とくに小学生・中学生・高校生の子供を育てている親御さんが一度は悩むこととして、
塾に通わせるとなるとお金もかかるし、そもそも通わせるべきか否かと我が子を見てため息をついてませんか。
子供の友達が「塾などに通っている」と聞く中、自分の子供は塾に通わせないといけないのか?という恐怖心もあります。
小学生の場合、学習塾などを利用することは普段から勉強するというクセを身に着ける点で、かなり重要だと思います。
学校以外の時間でも、勉強する習慣が身につけられると、
成長していく過程で、視野や見識の広さにも繋がっていくでしょう。
受験対策に限らず、学ぶ習慣があることはその子の今後に必ず役立つものとなりますので、
高い受講料が無理という方でも、週に1コマ・2コマという少ない時間でも、取り組み続けることに意味があると思います。
小学生向けの集団指導型の塾には、栄光ゼミナールや早稲田アカデミーなどのほか、各地域の塾があります。
ワンツーマンで勉強を取り組みたいお子様の場合、個別教室のトライ・明光義塾・スクールIEが良いかと思われます。
さらに、自分も子供と一緒に時間管理をしていけるといった親御さんであれば、進研ゼミなどの通信教育も選択肢になるでしょう。
勉強よりも遊びと言っていた親御さんも、中学校に通い始めると高校進学にむけて進学塾を考え始めるのではないでしょうか。
でも取り合えず高校に入れたいというだけなら塾に入らずとも大丈夫です。
中学生の時点で高校卒業後の進路として、大学進学を考えてるのであれば、偏差値の高い高校に行くことが、
共通テスト、大学入学試験を楽にしてくれます。
将来、お子様の大学進学を見据えられている場合には、高校受験対策が万全な塾を利用されることが得策でしょう。
中学生むけの進学塾であれば、栄光ゼミナールや臨海セミナー、早稲田アカデミーなどが大手のおすすめです。
明光義塾、TOMAS、東京個別指導学院は、個別指導塾としては人気になっています。
そして、コロナが流行りだしてからは塾等に行かせるのを躊躇ってしまう親御さんも多くなっていて、
そのため、塾や予備校などでも、テレワークのように通信教育が人気になってきています。
現在のところでは、Z会の通信教育・スタディサプリ・スマイルゼミ・進研ゼミの四つが特に選ばれているようです。
スマイルゼミはCMでも有名ですが、独自のタブレッドが人気でAIによる一人ひとりに沿ったきめ細かな理解度チェックがあり、
もちろんお子さんが使用する教科書に合わせた問題が作成されて、最新テクノロジーを駆使した学習サポートは魅力です。
進学を検討している子どもさんをお持ちのご両親にはZ会、あまり勉強を得意としていないお子様には進研ゼミがおすすめです。
それぞれの進学塾と通信教育で、特徴やメリットが異なりますので、お子さんのスタイルに合ったものを検討してみてください。
フィットネスしながら英語を学べるマイジム。なんとも斬新
マイジム