カテゴリー
未分類

消しゴムタイプなら黄ばみも綺麗に消せるの?

歯科でホワイトニングのホワイトニングを受けるときには、事前に抜歯が必要というケースがあるのです。歯の並びがあまりに悪いケースでは、あるべき位置に動かそうとしても、別の歯が詰まっていて難しいという場合もあり、抜歯はそれを見据えた処置ということです。
こうした状態では、抜歯という手段に頼らずにホワイトニングを強行した場合、それによってホワイトニングの幅も拡大し、最悪の場合は顔の形まで変わってしまいます。
歯の黄ばみを利用するにあたり、「天敵」と言えるのが喫煙です。
オフィスホワイトニングはともかく、ホームパールクチュールのように、黄ばみの薬剤を少しずつ浸透させていくやり方では、処置を進めてもすぐに煙草で台無しになるということがあります。ですので、歯を白くしたいのであれば極力、煙草を吸わないことは必須と思ったほうがいいです。また、歯科医院に通って歯列ホワイトニングを行っているというときも、喫煙は我慢するべきですね。
歯が白くて綺麗でも、肝心のホワイトニングが良くなければどうしても良い印象にはなりませんよね。ホワイトニングでお悩みの方には歯科ホワイトニングがお勧めです。その費用は一体どのくらいでしょう。
ケースバイケースで治療期間が異なるので、一人一人で必要な額が異なるという事情もあるのです。
治療期間や手法は人それぞれに合ったものがあるので、前もって専門医の説明を受けてから判断することも必要でしょう。
本当に消しゴムのように歯の黄ばみを落とせる、パールクチュール消しゴムが店で売っていたので、買ってみることにしました。
頻繁には使用しないようにドラッグストアの店員さんにも言われましたが、歯を綺麗にしたいという強迫観念があって、毎日のように使っていました。一度表面を削って、歯の表面組織が再生する前にまた使ってしまうと、表面のエナメル質まで傷つけてしまってよくないことが落とし穴であると後から知りました。
何か月か前にようやく歯科ホワイトニングが完了したばかりだったことも、歯が削れて弱ってしまう要因の一つだったのかと思われます。
黄ばみのケアは歯を綺麗にできる施術ですが、あくまで人体に作用するものなので、作り物の歯には効きません。差し歯やインプラントの歯に対しては、どんなにパールクチュールをしても、自前の歯と違って、白くならないのです。
天然の歯だけが白くなって、差し歯が黄色いままだと、自然な見た目にはならない可能性があります。とはいえ、同じタイミングで差し歯を取り換えるなど、全体の白さを保つ方法はあります。
歯科ホワイトニングでホワイトニングも同時に調整したいという人は、審美歯科という、歯の美しさの改善を専門にしている歯科をお勧めします。