カテゴリー
未分類

民間会社で取り扱われているビジネスローンを活用する

入金予定だった売掛が急に入ってこなくなったなど一時的な資金繰りが必要など、銀行が対応できない緊急性の資金繰りに対応が可能です。 通常は無担保で代表者のみの保証での融資が一般的です。100万円〜300万円程度を短期的に利用するケースが多くなっています。 融資の上限金利は100万円以上で年率15.0%以下、10万円以上100万円未満で18.0%以下となっています。

貸金業者は大きく消費者向け貸金業者と事業者向け貸金業者とに大きく分けられ、 消費者金融では、ビジネスローンの取り扱いはありません。また、事業者金融の会社は平成22年の法改正以降、厳しい金利規制などで全国でも減っています。

その際、もし担保があれば、それを売却して返済に充てることで融資を行う側の損失を回避することができます。基本的に、お金に換えられることができるものが担保として扱われることが多く、預金や株式など「現金化しやすい」ものほど担保の価値が高く評価されます。

しかし、無担保であるビジネスローンではそれができません。多額の事業資金を低金利で用意したいときに便利なローン。不動産などを担保にすることにより、無担保のビジネスローンよりも借入限度額が大きくなり返済期間も長く設定が可能。

したがって、無担保のビジネスローンは担保を不要とする代わりに金利を高く設定しているなど、無担保で融資しても融資を行う側に損失が出ないような仕組みとなっています。

しかし、事業者ローンを扱う金融機関の多くが、審査方法として「スコアリングシステム」を採用しているといわれています。スコアリングシステムとは、統計的データに基づき、融資希望者の信用度をスコア化することによって融資の可否を決定する方法で、決算書などの内容をデータベースに入力するだけで、企業の信用度合いを点数化(スコアリング)して、融資の可否から融資枠、金利、返済期間までを即座に決定するものです。

ビジネスローンが無担保で借り入れできる理由