カテゴリー
未分類

医療報酬債権をファクタリング会社に買い取ってもらう

企業はまず、ファクタリング会社に、自社の売掛債権買取の審査・見積もりを依頼をします。ファクタリング会社は、企業から受け取った資料や情報を基に審査を行い、企業に手数料率等の条件を提示します。 企業が条件に納得できたら、売掛債権の買い取りを依頼します。

ファクタリングは資金調達方法の一種類と考えることができます。既存の資金調達方法の中の1つに金融機関の融資がありますが、こちらは審査に1~2ヵ月かかることが一般的です。また事業規模や直近の業績によっては中々融資がおりないケースもあります。一方、ファクタリングであれば、申し込みから数日~2週間程度で現金を受け取ることができます。

ファクタリングは金融機関の融資とは違い、借り入れではありません。ファクタリングというのは、売掛債権を売掛金の入金前に譲渡して現金化する資金調達方法ですから、売掛債権を譲渡した時点から売掛金がファクタリング業者に入金されるまでにタイムラグが発生します。

融資の場合は信用情報の登録が義務付けられており、またその信用情報を基に審査を行いますが、ファクタリングの場合は信用情報よりも売掛先の信用が第一となります。ファクタリングは、企業にとっては、自社の資金ニーズに応じて機動的に売掛債権を売却し、売却代金を受け取ることが可能です。

よって金融機関で融資を断られた場合でも、お客様の信用情報に左右されることなくお取引頂けます。ファクタリングは、買い取る債権の種類や利用する目的によって、以下のような種類があります。

世界各国のファクタリング会社と連携し、海外の販売先の信用調査を行い、その信用リスクを保証するもので、輸出取引の際に「L/C(信用状)」を用いずに、送金ベースによる代金回収を安全・確実に行うことができる。

ファクタリングの仕組みと利用する際のポイント